どっちが太りやすい?ビールとウィスキー買取

お中元などの贈答用に高い人気を誇るのがビールです。
ギフトの定番になっており、1ダース(12本)をまとめて販売することが多くなっています。
贈答用ビールの特徴として、コクのある風味が楽しめる高級品が主流になっており、瓶型からアルミ缶へと変わりました。
ウィスキーも贈答品として定番になっていますが、贈答用だけでなく父の日などにプレゼントすることが多くなっています。
スコッチウィスキーからジョニーウォーカー、ヤマザキなど多品種が扱われており、見た目にも味わいがある贅沢なガラス製ボトルに凝った包装がされています。
中には、ウィスキーボトルだけでなく、ウィスキーグラスなどが入った初心者向けのものもありますので、目的に応じて多様です。
しかし、健康のためアルコールの接種を控える方が増えており、贈答用でもらったけど扱いに困るといった事例があります。
もらったものですから捨てるわけにはいきませんし、かといって飲むわけでもない、あるいは保管する場所がない、消費期限が気になるといった方もおられます。
そのような場合には、ビール・ウィスキー買取を利用することをおすすめします。
買取後は再販されるので、本当に必要な方の手に届けることができます。
巷でよく議論になるのが、ビールとウィスキーどちらが太りにくいか、です。
ビール党からすれば、ウィスキーは甘いので太りやすいと考えますし、ウィスキー党からするとビール腹というように、ガブガブ飲むビールが肥満の原因だと言いたくなるようです。
実際のところはどうなのでしょうか。
メーカーごとに多少異なりますが、100mlあたりのカロリーを比較すると、ビールが40キロカロリー、ウィスキーは238キロカロリーあるのでウィスキーの分が悪いようです。
しかし、ウィスキーはどちらかというと、口の中で広がる味わいを楽しみながら、ちびちび飲むお酒です。
それに対して、ビ ールはすっきりとした爽快な味わいと喉ごしが特徴なので、揚げ物などの酒の肴と一緒に、たくさん飲むスタイルが主流です。
これに加えて、ビー ル食欲を増進させる一方で、代謝を抑制する働きがあるため、脂質などを体に取り入れるとそのまま脂肪として蓄積される傾向があります。
もちろん、ウィスキーであってもガブガブ飲む方や酒の肴をたくさん食べる方は太りやすくなるので、注意しましょう。
アルコールを嗜むときには酒の肴と一緒にゆっくりと楽しむのが、肥満を抑える秘訣です。
飲むことがないなら、ビール・ウィスキー買取が役に立ちます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP