カクテルの作り方とウィスキー買取

カクテルとは2種類以上の材料を会わせて作る飲料を指すため、広い意味ではミックスジュースも含まれますが、一般的にはアルコールを使用した飲料に付いて使われます。その作り方にはシェイカーを使って混ぜるシェイク、グラスに入れた材料を混ぜ合わせるステア、器具を使わずにグラスの中で完成させるビルドがあります。シェイクは比重の重いリキュールと軽いスピリッツ類や卵白や果汁などの混ざりにくい性質を持つ複数の材料に適しています。一方のステアは比重の近い材料同士や果汁を使わないものなど比較的混ざりやすい材料を混ぜる時に適しています。ビルドはウィスキーのソーダ割りのように氷を淹れたグラスにいくつかの材料を直接注いで作り上げます。炭酸を使ったカクテルを作る場合には炭酸がお酒に直接届いて気が抜けてしまわないように注ぎます。一方で炭酸を使わない場合には、比重の軽いものから順に注いでいく事で重いものは上から下に行くため自然に混ざります。引っ越しなどで自宅を整理する時や、様々な事情でお酒が飲めなくなってしまった時などに飲まないウィスキーが沢山ある場合、ウィスキー買取業者を利用する事で無駄にする事なく片付けられる事に加え、買取金額を受け取る事ができます。カクテルを作る際にウォッカやジン、テキーラ、ラムはホワイトスピリッツと呼ばれ、カクテルのベースとしてよく使われるお酒です。それに対してウィスキーやブランデーはブラウンスピリッツと呼ばれそれ単体で十分楽しめるお酒です。このようにブラウンスピリッツは完成されたお酒であるため、カクテルによりそれ以上の良さを引き出す事が難しいものであるため、カクテル作りの神髄とされています。このうちスコッチウィスキーはシェイクすると本来存在しないえぐみが出るため、ステアやビルドの方が無難で作りやすいものとなります。一方でバーボンウィスキーは腰が強いためハードシェイクに向いています。ウィスキーを使ったカクテルで代表的なマンハッタンは、アメリカ生まれの英国首相のチャーチルの母親がマンハッタンのクラブで愛飲したのが始まりといわれていて、ミキシンググラスにウィスキーとスイートベルモットを入れステアして作ります。チェックはこちらから!ウィスキー買取ドットコムでは評判のいい業者を紹介している事に加え、より高額で売る方法やスコッチ、バーボン、国産ウィスキーそれぞれの買取相場の説明もあります。この他買取時期についてどのように考えれば良いのかという事も紹介しています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP